アトピーについて

バチルス入浴ケア (Bacillus Spa Care:BSC)の方法

イメージ:bacillus SPA24
イメージ:bacilluspure

bacillus pure

  1. 有効バチルス芽胞を多量(1×108CFU/g以上)含んだ粉末を、浴槽中の浴水150Lに対して400g程を懸濁させ、循環加温装置を使用して撹拌・温度管理・エアレーションを充分に行い、好気的に有効バクテリアを繁殖させて二次発酵を起こさせます。水温は35~42度で管理します。
    数日で水質が安定すると、発酵浴液中にはBacillus subtilis・ Bacillus circulans・Bacillus licheniformis ・Bacillus sphaericus等のバチルス属を初めとする多数のバクテリアが1mlあたり107~107個含まれ、BSCに適した培養液となります。その後も浴水を適切に管理する事が必要です。水質管理の詳細は入院プログラムでお伝えしています。
  2. 当院で使用している循環加温装置は、一般住宅の浴槽にも設置することができます。また、自宅浴槽が使用できない場合には、屋内に設置できる簡易型浴槽を使用することもできます。

ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © Natural Clinic21 All Rights Reserved.