月別アーカイブ: 3月 2016

美容皮膚科もやっています

アトピー性皮膚炎の入院・自然療法を行っているナチュラルクリニック21ですが、一般外来に加えて美容皮膚科も行っています。

4月~5月のキャンペーン情報がアップされました。

美容スプリングキャンペーン

夏を控え、多汗症対策の腋ボトックス注射も人気です。

患者さんの感想 Hさん

Hさん 30代 女性
入院期間 H27.7.21~9.5

私は幼少期からアトピーがありましたが軽い方でした。
出産して子育てが始まり、去年の夏頃から徐々に悪化していきました。
痒みで眠れない日々、体に塗るステロイドの量も増え、顔にはプロトピックを使うようになり、肌はボロボロでした。
薬を使っている罪悪感と、不安と、恐怖で心に余裕がなくなりました。
そんな時、主人がNC21を見つけて勧めてくれました。
去年の夏に見学に来たのですが、まだ幼い我が子と離れる決意がつかず入院は見送りに。
娘の入園式を迎え、家族と相談し夏休みを利用して入院を決めました。
入院してから2週間は辛かったです。ギリギリまで薬を使っていたので、リバウンド症状がどんなふうに出るのか?娘は泣いていないだろうか?何もかもが不安でいっぱいでした。でも、ここで脱ステができて本当に良かったと思います。子育てをしながらでは、私には無理だったと思います。身体が楽になり始めてからは入院仲間と外出したり、楽しいおしゃべりをして笑顔も増えました。同じ悩みを共感し合い、励まし合うことは私にとって、とても心強かったです。
院長先生、病院のスタッフの方々には本当にお世話になりました。
私は泣いてばかりでしたが、親身に話しを聞いて下さり、励ましてもらいました。
皆さんには心から感謝しています。ありがとうございました。
自宅に帰ってからも努力が必要ですが、ここで学んだことを参考に過ごしていきたいと思います。

※本文は患者さんが書き込んで下さったノートをそのまま転記していますが、
プライバシー保護等を目的に、微細な修正を加えている場合があります。あしからずご了承下さい。

Hさんのように、子育てなどを理由に入院を躊躇される患者さんはたびたびいらっしゃいますが、
お子さんの面倒をご家族に頼んで入院される方も多くいらっしゃいます。

脱ステ治療に取り組む患者さんはもちろんですが、それを支えるご家族にも頭がさがる思いです。

廊下の絵たち

今日までアートセラピーの講師として当院にお越しくださったI先生。

詳しくは昨日の記事をご覧ください。⇒アートセラピー

I先生がいらしている期間は、朝の瞑想の時間も、先生が場をリードして下さいます。

今朝はいつもの座禅にかえて立禅を行い、いつもとは少し違った瞑想の時間となりました。

ところで、当院の入院病棟の廊下には、いろんな場所にI先生の作品が飾ってあります。
IMG_7860

普段は何気なく見ているこれらの作品ですが、改めてまじまじと見てみると、言葉にはならないエネルギーを感じるから不思議です。

もし、入院前見学などにいらっしゃることがありましたら、これらの絵もぜひご覧下さい。
IMG_7861