入院患者さんの感想 Tさん

T.Sさん 30代 男性  入院期間 H28.2.29~5.30入院

高校2年の時にアトピーが発症し、ひどい時は全身包帯。毎日痒みに悩まされ、ステロイドとの共同生活開始。
漢方に移ったこともありましたが、悪化の苦しさに耐え切れず、再度ステロイド生活。
そこから約13年、病院を変えながらの日々。仕事に支障をきたすこともあり、転職もしました。
今の職場では、汗などが原因で悪化してしまうことが度々あり、欠勤せざるをえない状態にもなりました。それが原因で職場でのステップアップやコミュニケーションにも自信が持てなくなり、今回の入院に踏みきりました。

これまで自身の症状やアトピーについて理解や共感し合えた人はおらず、そういう辛さもありました。
なので、入院してまず嬉しかったことは、症状を気にせず、相手の目を見て話すことが出来る仲間ができたことです。
同じような境遇で、同じような苦しみをわかち合えたことに、このクリニックでの入院の大きさを感じました。
また、症状がどんなにひどくても、真正面から親身に接してくれた看護師さんには感謝ばかりです。

ある女の子の患者さんで、とても辛そうな状態で入院した子がいました。
1週間後、その子の症状が劇的に良くなったのを看護師さんが跳びはねるように喜んでいる姿を見て、このクリニックの暖かさを感じました。

美味しい食事、食堂のおばちゃん、瞑想の先生方、バチルスのお風呂、様々なイベント、挙げたらキリがない程、たくさんの優しさにふれ、思い出ができました。
ここまで体調が良くなったのは人生で初めてです。
皆さん、ありがとうございました。本当にありがとうございました。

※本文は患者さんが書き込んで下さったノートをそのまま転記していますが、
個人名などについては、プライバシー保護等を目的に、修正を加えている場合があります。あしからずご了承下さい。

退院を前に「発症からここまで肌がいい状態なのは初めて」と話して下さったTさん。
退院から一年が経った最近、「かゆみもなく、日常生活で支障をきたすことは全くありません」と嬉しい連絡がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です