入院患者さんの感想 Kさん

Kさん 40代 男性 H28年6月23日~8月22日 入院

いよいよ明後日に退院ということで振り返ってみると、やはり本当にここにきてよかった。今後の自分の人生にとって役立つ、実りのある2ヶ月だったと思います。
高校のころからステロイドを使いはじめ、大学の時には入院も経験しましたが、その後、自宅での温泉療法等によりアトピーを克服し、アトピーとは無縁の生活を送ることができるようになりました。
しかし、仕事が変わったストレス等からか、昨年の夏ごろから首筋や手をかくようになり、炎症ができはじめました。
その時は、昔からお世話になっている皮フ科でステロイドをもらい、少しぬると徐々に改善したのですが、今年の3月頃からまた同じような状態になりはじめたため、昨夏もらった古くなったステロイドを少しぬってしまいました。
しばらくすると、ステロイドの離脱症状がではじめ、首筋からは汁もでるようになり、自宅で自分なりに療養していましたが、酷くなっていき、免疫も弱っていたためか、カビ、ダニ等により腹にも湿疹のように炎症ができはじめました。
ここで以前から行っていた皮フ科へ行くと予想どおり、ステロイドの注射をすすめられましたが断りました。
これはもうステロイドを使わない病院で治療してもらうしかないと思い、ネット等で色々と探しはじめました。
そしてNC21のホームページを見つけ、ここなら間違いなく良くなると確信し、入院を決心しました。
入院前日、準備のため買い物に一人で行ったんですが、今思えば、この買い出しが一番きつく、しんどかった気がしています。
最初はバチルス入浴に不安もありましたが、必ずよくなる、良くしてやると思って風呂に入り続けました。
一週間は一進一退という感じでしたが、一ヶ月後には良くなっているのが実感でき、湯を交換してからはどんどん症状が改善してきました。
そして今、ほとんどの部分が普通の人の肌のようになり、皮膚も強くなったと実感できます。
また、食事の大切さ、どういう料理が健康に良いかを学ぶことができました。
自然にかこまれた静かな素晴らしい環境も、ストレスなく療養に集中することができてよかったと思います。
ある入院仲間の患者さんに言われた、「自分にもっと自信をもって、楽しく生きてね」という言葉、このあたりも今後もっと意識して変えていきたいと思います。
NC21のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

※本文は患者さんが書き込んで下さったノートをそのまま転記していますが、
個人名などについては、プライバシー保護等を目的に、修正を加えている場合があります。あしからずご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です