病院案内

医療理念

イメージ:自然と調和した医療

「心と体にやさしい全人的医療」

「生命の原点を見つめる医療」

私たちはこれらを目標として21世紀にふさわしい自然と調和した医療を目指します。

人間は多くの可能性に満ちたすばらしい存在です。膨大な未知の領域を含んだ神秘のかたまりです。
人間はひとりで生きているわけではなく、自然界のエネルギーによって生かされています。
人体は科学が生み出したものではありません。

イメージ:みんなの絵

病気という、自然のリズムと調和が乱れた状態になったときには、まず大自然の息吹に触れてみることです。
そこにいるだけで生命源力はよみがえり、自然の摂理に反した今までの在りかたに気づくはずです。
癒しには、先進的な医療施設や技術といった科学が生み出した物は脇役に過ぎず、豊かな自然そのものが主役なのです。

ホリスティック(全的)な健康観に立脚する
人間を「体・心・気・霊性」等の有機的総合体ととらえ、社会・自然との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。人体も地球の一部であり他の生命同様生かされている存在である事の認識を深める事により自然の生命力の存在に気付く。
自然治癒力を癒しの原点におく
生命が本来持っている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。自然に接することにより内なる自然の摂理に気付く。
患者が自ら癒し、治療者は援助する
病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも養生、他者療法よりも自己医療が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。
様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う
西洋医学の利点を生かしながら東洋医学などの伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法などの各種代替療法を取り入れ、患者個人々のニーズに合った最も適切な治療を提供する。
病の深い意味に気づき自己の完成をめざす
病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろ自己認識を深める機会として捕らえ直す事により生死を越えた存在としての尊厳に目覚め、患者・治療者の枠を超えて自己のより高い完成を目指す。病の原因の大半が精神的な葛藤にあることを理解し価値観の束縛から自己を解放する。
患者さんの視点から安心して利用しやすい癒しの場を提供する
病気の発病を未然に防ぐ予防医療を積極的に行う。 近代的技術を積極的に導入し安心できる医療を行いながら、利用者の便宜をはかり利用し易い施設運営を行う。健康を維持増進させる予防医療に努める。

ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © Natural Clinic21 All Rights Reserved.