ナチュラルクリニック21

副作用

副作用

当院で2013.9.10までにBSTを行ったアトピー性皮膚炎患者191名中、BSTによる皮膚炎の悪化が生じたのは8名4.0%であり、好酸球の上昇と発熱・発赤を伴うアレルギー性の全身性の紅斑が生じたのはその内5名2.6%でした。3名はBSTの中止のみで改善し2名は抗生剤、ステロイド投与を数日行っています。5名中2名はBSTを再開しましたが3名は再度行う事はありませんでした。再開しなかった3名中2名はうつ病の方でありSSRIを内服し精神的に不安定でした。

当院で2013.9.10までにBSTを行ったアトピー性皮膚炎患者191名中、BSTによる皮膚炎の悪化が生じたのは8名4.0%であり、好酸球の上昇と発熱・発赤を伴うアレルギー性の全身性の紅斑が生じたのはその内5名2.6%でした。3名はBSTの中止のみで改善し2名は抗生剤、ステロイド投与を数日行っています。5名中2名はBSTを再開しましたが3名は再度行う事はありませんでした。再開しなかった3名中2名はうつ病の方でありSSRIを内服し精神的に不安定でした。