院長・スタッフ紹介

当院の院長・スタッフのご紹介

久保賢介【院長】

1957年4月3日 福岡県 北九州市生まれ
医療法人輝陽会 理事長 ナチュラルクリニック21 院長

  • 1986年3月佐賀医科大卒 付属病院内科勤務
  • 1987年麻生飯塚病院内科勤務
  • 1989年陽光診療所勤務
  • 2001年10月有床診療所ナチュラルクリニック21開設

アトピー性皮膚炎・がん・うつ病等のホリスティック医療を行なう。毎朝の患者さんとの瞑想、農園での農作業が楽しみ。
モットーは「人は大自然の一部に過ぎない」「自然の中にこそ全ての答えがある」
趣味は魚釣り、ダイビング、南の島。

イメージ:久保賢介

日本癌学会 日本心身医学会 日本ホリスティック医学協会 日本アレルギー学会
日本美容皮膚科学会 所属

私の自己紹介

私は16歳、高校一年の夏休みある日突然、気管支喘息になりました。その日以来、慢性の呼吸困難の日々を送る事になりました。数日間も横になることもできない重積発作を幾度も経験し、年間数回は入退院を繰り返すようになってしまいました。その頃、北九州市という工業都市の住宅地に住んでいた私は、公害認定患者になりました。
巨大な煙突から出る黄色や灰色の煙を見ながら、本当に近代文明は人間に幸せをもたらすのだろうかという強い疑惑を抱くようになりました。高校3年を休学し、18歳で田舎に単身で転居。
そうして19歳で田舎の高校に転校しましたが、運の悪い事は続く物で今度は健診で結核が疑われ、結核療養所に半年入所させられてしまいました。そこには200人以上の入院患者がいて、周囲には10年20年入院している患者さんも数多くいました。外出許可は月1回のみです。その中で暮らすうちに、私の人生観は一変し、人生は本当に大切なんだと感じるようになり、引っ込み思案の私は活動的に変っていきました。
結局、結核は誤診でアレルギー性肺炎でしたが、健康で世間にいられるだけでどれだけ幸せかと言う事が身にしみて判りました。
それ以来、誰にも遠慮せず、思いどおりに人生を楽しむ事にした私は、高校3年を3回行い、20歳で高校を卒業しましたが、全てが新鮮で輝いて見えるようになりました。

22歳の時にスピリッチュアルな世界に関心を持ってから急に運命は好転し、不思議な事に患者だった私は医学部に入って医学を医者の立場で勉強するようになっていました。病気を学ぶには2つの方法があり、1つは教科書から知識で学ぶ方法、1つは患者として身をもって体験する事ですが、どちらも非常に大切な事だと思います。

イメージ:長男の写真
私の長男は、出生間もなくから全身の重度のアトピー性皮膚炎でした。全身の発赤・腫脹・びらんがあり、全身をかきむしり、体液の滲出と出血が3年ほど続きました。体重はどんどん低下し、衣類は手をガーゼでグルグル巻きにしてもいつも血だらけでした。

自然経過に任せる事にした私は、ほとんど医療を受けさせませんでした。35億年前に誕生した生命はそんなに弱々しくはない、必ず自然に任せていれば回復すると信じていました。
驚いた事に突発性発疹・麻疹・水痘・おたふくかぜといったウイルス感染、特に40度近い発熱が1週間も持続する度にどんどん改善していったのです。

自然の仕組みは深いなーとつくづく感心しました。ウイルス感染が免疫システムを成長させていたのです。予防接種を受けさせないで本当に良かったと思いました。
アトピー性皮膚炎は学童期までにほぼ改善。成人した現在は全く普通の肌です。

2001年10月、今までの人生経験を踏まえて、新しい世紀にふさわしい自然との調和を大切にした、癌やアトピーの自然療法専門の医療施設 ナチュラルクリニック21を開設しました。
有床診療所がどんどん閉鎖されていく中、田舎に作るわけですからとんでもないもの好きです。どうしても木造で作りたくて大変でした。敷地内には300坪の畑もあります。
私自身の入院経験から楽しい入院生活が送れるように、そして患者さんの新しい可能性が開けるようにと考えています。

2005年1月28日、真菰の発酵物を利用したアトピー性皮膚炎の入浴ケアに取り組み始めました。
症例数を増やしながら試行錯誤の中で治癒率が次第に上昇。2010年から本格的な臨床研究を開始し、2011年からは基礎研究を開始。2013年、今までの研究を集大成しバチルス入浴ケア(Bacillus Spa Care:BSC)をつくりました。現在も毎日研究と試行錯誤の繰り返しですが、少しずつ完成度を高めたいと思っています。

重症アトピー性皮膚炎に対するバチルス入浴ケア(BSC)の効果には毎日驚かされます。
アトピー性皮膚炎がなかったころの自然環境を再現しただけの、シンプルで確実性があり体にやさしいナチュラルなケアです。自然って本当に深いなーと考えされます。薬剤療法一辺倒になりがちな現代医療に新しい分野を付け加える事になり、患者さんの選択肢が増える事になります。
このケア方法は、自然と人との関わりを改めて問い直す新しい時代へのメッセージだと考えています。

玉田まゆ子【カウンセラー】

私がカウンセリングで心掛けていることは、患者さんに自分の人生を切り開く力があることを信頼することです。人生どんなときでもやり直せると信じていますし、人間は喜びに向かっていくというのが私の信念です。

病気はメッセージであって、好きじゃないことをしていたり、無理をしたりする自分に気づかせてくれるものです。そのような今までの自分の考え方を変えるのはエネルギーが要ることで、エネルギーを入れるのは喜びを入れることから始まります。

だから、カウンセリングでは、楽しいことをすること、楽しんだ後、楽しんだ自分を褒めることを促します。患者さんには喜びリスト、つまり自分の好きなことやりたいことなどのリストを作っていただきます。そして、それをきっちりしていただきます。

イメージ:玉田まゆ子

当院のスタッフたち

イメージ:当院のスタッフたち

受付前で記念撮影。スタッフは総勢30名です。

イメージ:スタッフA
イメージ:スタッフB
イメージ:スタッフC
イメージ:スタッフD
イメージ:スタッフE
イメージ:スタッフF

ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © Natural Clinic21 All Rights Reserved.