月別アーカイブ: 5月 2017

院長よりお知らせ


現在、当院の外来を受診なさる患者さんにお配りしている、院長からのお知らせを掲載します。皆さまのご理解をお願い申し上げます。
以下、本文です。

当院をご利用下さりありがとうございます。

私、院長の久保は、全国から入院なさる重症アトピー性皮膚炎患者さんの入院診療や、アトピー性皮膚炎の専門的基礎臨牀研究のため、外来診療に費やす診療時間の確保が困難な状況になっています。
そのため、当院では待ち時間が長くなったり、土曜日の休診などでご利用のみなさんへご迷惑をおかけしていますが、患者の皆さんへの負担を軽減するため、この5月から新たに岡本医師に勤務して頂くことになりました。

今後の円滑な運営を考えますと、約半数の外来患者さんに担当医の変更をお願いすることになります。
原則として皮膚・アレルギー疾患・呼吸器・精神疾患以外の患者さんは岡本先生に担当して頂くことになりますが、ご理解の程宜しくお願いします。

平成29年5月
ナチュラルクリニック21
院長 久保 賢介

症例画像を準備しています


当院のウェブサイトに掲載している入院患者さんの治療経過をまとめた症例。

http://www.nc-21.net/atopy/index.html

今日現在は約30例の症例を掲載していますが、いずれの症例も、血液検査の数値の変化と、皮膚の状態がわかる写真での記録の両方をご覧いただくことで、症状改善の様子をご理解頂ければと考えています。

現在も、ここしばらくの間の症例の中から、ご紹介できる例をピックアップし取りまとめを進めています。

このブログでもたびたびご紹介している、患者さんご自身が退院時に残して下さる入院についての感想と、症例の積み重ねが、今後BSCをより多くの方に知って頂くために欠かせないものになることと思います。

カードゲームが人気です


ここのところ、入院中の患者さんの中でカードゲームが人気です。

午前や午後の空き時間には、食堂がゲーム大会の会場となっていることもしばしば。

今朝も、男性陣を中心に盛り上がっていました。

患者さん同士の交流が深まり、お互いに励ましあったり情報交換をする中で、「かけがえのない友人と出会うことができた」とおっしゃる患者さんも沢山いらっしゃいます。

一緒に入院生活を送ったもの同士だからこそ、気持ちや悩みも分かり合えるのかも知れませんね。

退院後も患者さん同士のご縁がつながっている様子などを耳にすると、とてもうれしくなるスタッフNです。