アリーナでいい汗かきました

毎月の恒例行事、近くの体育館を借りてのレクリエーションスポーツを今月も行いました。

今回参加された患者さんには女性陣が多く、賑やかな時間となりました。

また、中には小学生の患者さんもいらっしゃるため、鬼ごっこやドッジボールなどもしたのですが、童心に戻って走り回るのも楽しい時間です。

7月に入って暑い日が続いていますが、スポーツで流す汗は、特別な気持ちよさがありますね。

ナチュラルクリニック21では、患者さんのリフレッシュを目的に、一ヶ月に一回はこういったスポーツの日を設けています。

患者さん同士の交流も深まって、貴重な時間。来月も楽しみです。

映画を観ました

梅雨前線と日本列島を直撃している台風のおかげで、雨やぐずついた天気の日が続いています。

今日は、院内で楽しめる喜びワークということで、職員お勧めのドキュメンタリー映画を観賞しました。

絵本作家で、陶彩画家の草場一壽さんが監督をつとめた、「いのちのまつり 地球が教室」という作品です。

レンタル店などには並んでいないこの作品。院内では、何度か入院患者さん向けに上映イベントを行ってきましたが、

今回はとても久しぶりの上映企画でした。

映画は観て楽しむだけでなく、感想を話し合ったりするといった楽しみ方があります。

また何か別の作品でも、上映会を企画したいと思っています。

入院患者さんの感想 T.Sさん

T.S様 20代 女性 H29年2月24日~5月1日

2ヶ月とちょっとの間、大変お世話になりました。
約1年前に脱ステロイド&脱プロトピックをして、何度もリバウンドの波がありました。
薬を塗っていた時は、症状が出ていたのはほんの一部だったのに、見る見るうちに全身に広がり、精神的にもすごくショックでした。
それでもかろうじて仕事には行っていたものの、2月頃から大悪化。自宅にいた頃は整体、鍼、運動、野菜中心の食事を試し、何軒もの皮膚科を回りましたが、何をやっても悪化していくばかりでした。
ここに来た頃は、眠れず、食べられず、首や身体から汁が常に出て、痛いし心身共にボロボロだったなと思います。
インターネットでここを見つけた時からずっと気になっていて、もうここしかない!!と期待して入院しました。
最初は身体がしんどかったけれど、日に日に汁が止まり、ツルツルな肌が出てきてくれて、1ヶ月で見違えるほどになり本当に感動しました。
だんだん身体が動くようになり、散歩に行ったり、みんなと話すのが楽しくなり、本当に救われたと思っています。
院長先生をはじめ、とても親切なナースさん、毎日美味しい料理を作ってくれたみなさん、傷を癒してくれたバチルスのお風呂、そしてここで出会えた同じ悩みを持つ患者のみなさん。すべてに感謝です。
ここで過ごした日々、出会えた仲間をこれからも大切にして、今を大切に生きていきます!!本当にありがとうございました。

※本文は患者さんが書き込んで下さったノートをそのまま転記していますが、
個人名などについては、プライバシー保護等を目的に、修正を加えている場合があります。あしからずご了承下さい。