入院患者さんの感想 Mさん


M.R様 40代 女性  入院期間 H28年6月7日~8月19日

私はアトピー体質ではあったけど、汁でいっぱいになると言う事はなく、ステロイドをちょいちょい塗っていました。
3~4年前から1~2ヶ月は外へ出られない程の状態になる事が、年に1回くらいありましたが、自分の力で何とか治まっていました。
今年の2月の終わり頃から、顔のところどころが赤くなり始め、アレルギーの季節やから仕方ないと思いつつも、だんだんと悪化していくのがわかり、顔が少しずつ腫れ、数日でボクサーの様にパンパンに腫れあがり、目も口も開けられない程にひどくなりました。
そのあとは、腫れあがったおでこから汁が出始めました。
気持ち悪くて嫌な気分になりました。
3月からは痒みで夜も寝ることができず、4月5月で6㎏痩せました。
その間に体もパキパキになり、お風呂に入るのがパキパキから解放される唯一の時間でしたが、全く改善することはなく、一日中ずっと寝ている状態でした。
気が狂うほどの痒みで、泣きながら体中を掻いていました。
私はどうなってしまうのかと思っても、行動に移す気力もなく、ただ毎日痒みの中寝るしかできなかったです。
そんな時、長女がネットでNC21を探してくれて、すぐに電話をかけました。
入院の準備すら自分でできなくて、長女に買物や用意をしてもらい、主人と下の娘に高山まで送ってもらいました。
自分の体が弱っていたので、全く先のことも考えられず、気がつくと私は病室にいました。娘が目にいっぱいの涙を溜めて、しばらくの別れをじっとガマンしている姿にも、その時やっと気がつきました。
私もポロポロと涙が出て、その時から1ヶ月間、毎日ひとり、部屋で泣きました。
娘や主人に電話をすることも、泣いてしまうし、帰りたくなるからずっとガマンしていました。
それも限界がきて、食堂でみんなとご飯を食べていても涙が出そうになったりして、心が折れるってこのことかと思いました。
一ヶ月ぶりに10才になる下の娘に電話をしたときは、二人で号泣し、次の日も、また次の日も、娘の声を聞くたび泣いていました。けれど、いつしか「また明日ね。学校帰ったらTELするね」と言うように変わってきました。夜になるとやっぱり淋しくて、「早く帰ってきて!悲しい!」とラインが送られてきますが、次の日にはケロッとしている娘です。
本当に娘には切なく淋しい思いをさせてしまいました。
こんなふうに心の中では葛藤があったけれど、体や顔は2ヶ月前になるとずいぶん良くなり、娘との電話で心も元気になり、体も元気になりました。
院長先生は、私の話しによく耳をかたむけてくれ、話しをすごく聞いてくれます。
それがすごく嬉しかったし、先生からの答えが何より安心できました。
ナースのみなさんにも、本当に支えてもらいました。
少しずつ世間話も出来るようになり、何でも相談できるようになっていきました。
ナースの皆さんの声かけでずいぶんはげまされました♪
調理員のみなさんのすごく美味しいごはんも感動しました。
作り方も教えてもらい、お家で作るのが楽しみです!
院内での行事も楽しい思い出になりました。カウンセラー玉田先生とのおしゃべりは、日が経つごとに楽しくなりました♪
スタッフのみなさんにも、いろいろ教えて頂きました。
3ヶ月の予定でしたが、少し早く退院します。泣いてばかりの1ヶ月はありましたが、今は本当に来てよかった。ナチュラルクリニックとの出逢いに感謝しています。
退院しても、年に2~3回は片道数時間かけて受診したいと思える病院です。
体も心も支えてもらい、また新たしい自分になれたと思っています。
みな様、本当にありがとうございました!!
そして、これからもよろしくお願いします~!!

※本文は患者さんが書き込んで下さったノートをそのまま転記していますが、
個人名などについては、プライバシー保護等を目的に、修正を加えている場合があります。あしからずご了承下さい。

ヘルシー料理のコツを伝授


おはようございます(^O^)
ナチュラルクリニック21のスタッフNです。
良い季節になってきました。
高山でも日中は、25度を超す陽気です。
あちらこちらで、綺麗な花が咲き乱れています。

さて、5月5日のお料理イベント「パエリア作り」の時に、
管理栄養士のKさんが、
簡単、ヘルシー料理のコツを伝授してくれました。

①ブロッコリーは蒸し煮が美味しい!
ブロッコリーは、一般的には茹でることが多いですが、
野菜本来の甘みを引き出す「蒸し煮」が美味しい!
鍋底に少しだけ水を張り、適度な大きさに切ったブロッコリーを入れ、
天然塩を入れます。重ね煮の要領で蓋をし、蒸します。
途中、一度、塩が混ざるようにざっくりと混ぜます。
皆で試食しましたが、塩気と引き出された甘みで、
ドレッシングなしでも十分味わえる美味しさでした。

②サラダもシンプルで充分美味しい!
市販のドレッシングは添加物や糖分が意外と多いもの。
なので、ドレッシングも手作りしたいですね。
でも、面倒だと感じる方も多いですね。
そこで、オリーブオイルと塩、粗挽きコショウでシンプルドレッシング!
まずは、オリーブオイルを回しいれ、全体にざっくりとなじませます。
次に、天然塩と粗挽きコショウを適宜ふりいれます。
はい、充分美味しいです(^O^)/

③ごま豆腐、お家で簡単に作れます!
ナチュラルクリニック21では、本葛を使用します。
本葛を少しずつ水にときます。
お鍋に白胡麻ペースト(練り胡麻)を入れ、
本葛を水で溶いたものを混ぜながら足していきます。
隠し味程度に砂糖(白砂糖は使わず、甜菜糖やラカンカ等を使用)と天然塩を少しだけ、
適宜入れ、後は、火を入れながら混ぜ続けます。
だんだん固まり、粘りも出てきます。
手を休めず混ぜ続け、混ぜる手が重たくなったら火を止め、
バットに流し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めます。
固まったら、切り分け、
わさび醤油でも甘味噌でも美味しいですね!

「退院してからも健康的な食事を楽しんで欲しい」
「簡単・シンプルに、充分美味しく健康的な料理ができる」
管理栄養士Kさんのそんな思いが、患者さんに伝わるひと時でした。

院内お料理イベントでパエリアとサラダを作りました。


ナチュラルクリニック21のカウンセラー玉田まゆ子です。
本日のナチュラルクリニック21の治療食ランチ用に、
入院患者さんたちみんなで一緒に
パエリアとサラダを作りました。

入院中は上げ膳据膳が嬉しいのですが、
しばらく続くと刺激が無くなります。
そこで、食事を楽しむために、
また退院してからも料理を楽しむ習慣を
身につけていただきたく、
管理栄養士のKさんと一緒に調理イベントを企画しています。

美味しく楽しかったです。
ご馳走さまでした!
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。