しみ・そばかす・あざ

Qスイッチルビーレーザー

イメージ:Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーとは

ルビーレーザーは、メラニン色素への吸収率がとても高く、黒色、茶色の色素性病変治療に優れているレーザーです。 Qスイッチとは、瞬間的に高いパワーのレーザー光を発する装置です。レーザー光の照射時間が非常に短いため、ターゲットとなる色素以外の正常な皮膚にダメージを及ぼすことなく、しみやあざを除去します。

レーザーの光エネルギーは、特定の色素に反応し吸収される性質があります。治療したいしみやあざにレーザーを照射すると、その光エネルギーは熱エネルギーに変換され、ターゲットとなる色素を熱で破壊し、除去します。1回の照射で完治するのが嬉しい。

Qスイッチルビーレーザー(1)
Qスイッチルビーレーザー(2)

Qスイッチルビーレーザー概要

Qスイッチルビーレーザー
主な効果 しみ・そばかす・あざ
シャワー/洗顔/洗髪/入浴 当日から可(患部はこすらないように)
麻酔 麻酔クリーム・塗布
処置時間 約5~30分(照射数や範囲によりかなり差があります)
メイク 処置直後から可だがかさぶたは取らないように注意
(患部へのメイクは専用コンシーラーであれば、当日からメイク可能)
その他 照射後のヒリヒリ感は2時間ほどでなくなります。

料金

料金
1ショット
スポット5mmの円照射
1,000円(税別)
(機械にショット数がカウントされます)
色素沈着
シミ径8mm程度
10,000円程度

※サイズ個数により料金が違ってきます。

施術後の経過
レーザー照射直後の皮膚は濃い茶色の状態で、その後徐々にかさぶたとなります。なるべくかさぶたはこすったりしないで自然に取れるのを待ちますかさぶたが取れると再生した新しい表皮(ピンク色)が現れますが、徐々に色素沈着が起こり、茶色に変化します。この色は治療後1〜2ヵ月目にピークとなり、その後は徐々に薄れ3〜6ヵ月後に周囲と同じ肌色になります。かさぶたが取れた後もカバーをして新しい皮膚を保護していたほうが色素沈着はきにくい。※個人差がございます 。

症例

老人性色素斑(日光黒子)

ほぼ1回の治療でOKです。
紫外線のダメージによりメラニンを多量に含んだ細胞が増加シミを形成してくる 放置すると拡大します。レーザーの光はメラニン色素に吸収され熱に変わり古い細胞は死滅します。代わりに下から新しい若々しい細胞が成長してきてシミはなくなります。

老人性色素斑(日光黒子)(1)
老人性色素斑(日光黒子)(2)

ルビーレーザー照射 70ショット

老人性色素斑(日光黒子)(3)

7日後、痂皮が自然に取れ始める。下にはきれいな皮膚ができあがっている。

老人性色素斑(日光黒子)(4)

3ヵ月後照射部位はなじんでしまい判別ができない。

老人性色素斑

老人性色素斑(1)
老人性色素斑(2)
老人性色素斑(3)
老人性色素斑(4)

太田母斑

太田母斑(1)
太田母斑(2)

色事性母斑

色事性母斑(1)
色事性母斑(2)

口唇の色素沈着

2箇所の色素沈着

2箇所の色素沈着

ルビーレーザー2ショット

ルビーレーザー2ショット

ルビーレーザー2ショット

ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © Natural Clinic21 All Rights Reserved.