入院までの手順・入院お申込み

入院を希望される方の入院までの手順

① 電話問い合わせ TEL:0577-37-7064

患者さんの症状をお聞かせ頂いたうえで、当院の入院治療の概要を説明したり、質問にお答えします。
ご質問数や内容によりますが、20~30分程度お話しさせて頂くことが多くなっています。
説明を聴いて、入院を前向きに進めたいとお考えの場合には外来受診(初診)の予約をお取りします。
仕事の都合などで診療時間内に電話することが難しい場合は、まずは問い合わせフォームからご連絡下さい。
電話連絡に都合が良い日時などをメールにて打ち合わせます。

② 入院申込フォームの送信 入院申込フォームはこちら

電話で予約を取った場合でも、フォームの送信を持って予約完了となりますのでお忘れなく送信して下さい。
この申込フォームは、症状や入院に関するご希望等を聴き取るためのもので、送信したことで入院が決定するものではありません。

③ 外来受診(初診)

初めての外来診察では、医師による実際の診察以外にも入院病棟やバイオ入浴のお風呂場の見学、治療に関する説明動画をご覧頂きます。
初診患者さんは採血がありますので、窓口でのご負担が3割負担の方で七~八千円程度になることが見込まれます。

④ 入院日の決定

受診して入院のお気持ちを固められた患者さんとは、予約や空室の状況を含めて入院日を相談させて頂きます。
なお、外来受診前であっても、入院を決意しているという場合には入院日を相談させて頂くことは可能です。
数ヶ月後からの入院など、しばらく先の入院を希望する場合にも、早めに外来診察まで済ませ、家族や職場との相談を進めておけば、入院日の決定や診断書の準備などが非常にスムーズになります。

⑤ 持ち物等の準備

外来受診時にお渡しした持ち物リストを参考に、準備をお願いします。
なお、持ち物リストはこのページの最後にも掲載しています。

⑤ 入院

外来初診

通常、入院にあたっては事前に外来診察(完全予約制)が必要です。
極めて遠方にお住まいなど受診が困難な場合はご相談ください。
入院希望の患者さまは診察が長時間になることから予約枠を平日午前(最大1名)に限定しており、希望日に予約をお取りできない場合があります。
診察は一般外来が落ち着くお昼過ぎの時間帯に行いますが、診察の前に院内の見学や資料映像の視聴などがありますので午前11時までに来院頂きます。
なお、当日の外来の混雑状況によってはお待たせする時間が長くなる場合があります。予めご了承ください。

入院診断書

職場や学校を休むために診断書が必要な場合は、入院日が決まってからの作成となります。
外来受診時に入院日が決まっている場合は、診察の際、医師へ作成を依頼してください。
受診日後に入院日を決める場合は、お日にちが決まってから医師が作成に取り掛かります。

入院申込フォームの送り方

下記の事項を全て入力し送信すると当院に情報が届くシステムになっています。
必ず「送信完了」という表示を確認してください。
フォームから送信いただいた内容は担当者が確認します。
追って確認が必要な項目がある場合には、お電話又はメールにて連絡を差し上げます。

外来受診時に必要なもの

①健康保険証

②お使いの薬がわかるもの(おくすり手帳や薬の現物など)

入院の際に必要なもの

◎入院証書・同意書(印鑑)※院内様式

◎健康保険証 ※必要に応じて限度額適用認定証

◎箸・スプーン・マグカップなど

◎私服(院内着・散歩時)※病衣はありませんのでスウェットやパジャマ等をご用意ください。

◎洗面用具・ティッシュ・ハンガー・小物干し・バスタオル・フェイスタオル・院内用スリッパ・体育館シューズ(レクリエーション用)・冬季は防寒着・防寒靴

◎自宅の浴槽・浴室の画像(スマートフォン・デジカメなどで撮影)

◆滲出液が多く出る方は、バスタオルを敷きシーツ、枕カバー等の代用として使用すると、クリーニング費用が減らせます。症状に応じて多めにお持ちください。

◆シャンプーやリンス、せっけん、洗濯洗剤については、当院売店で販売している合成界面活性剤不使用のものをお使いいただきます。愛用品の持ち込みを希望する場合は、必ず院長に確認を取ってください。

◆浴槽・浴室の画像は、退院後にバイオ入浴の循環装置を取り付ける方法のアドバイスをする際に使用します。使用するのは退院が近づいてからですが、一人暮らしの方は入院前の撮影をお勧めします。

topへ