ブログ

症例:29 40歳男性 入院期間:2016年6月~8月

2016.10.14症例ブログ

重症アトピー性皮膚炎もすぐに改善

入院までの経緯

幼少児はアレルギー性鼻炎程度のアレルギー症状で、アトピー性皮膚炎はなかったが、高校2年から顔頚部にアトピー性皮膚炎が生じ、市販のステロイド外用薬で対処していた。
大学2年の頃、顔中心に悪化傾向となり強いタイプの外用薬に変更したが、コントロール不良となり2週間の入院治療を受け皮膚炎は改善。暫く通院したが、その後は安定し数年は無治療で過ごせた。
24歳 転居後、顔を中心に症状が悪化したためステロイドを再開。そのうち温泉療法で効果が得られ1年で改善し、ステロイドも不要となり、温泉療法も途中で中断した。
2015年9月転職からアトピー性皮膚炎が悪化し、ステロイド使用を再開して改善。2016年4月に退職し実家に戻ったが、頚部、腕を中心にアトピー性皮膚炎再発。ステロイド外用を再開したが全身性に悪化した。以前効果があった温泉療法を試みたが改善が得られず、インターネットで当院のHPを知り入院。

検査データの見方はこちらのページをご覧ください。

入院後の経過

2ヶ月間の入院治療でしたが効果は一目瞭然で、入院から1ヶ月でTARCは1/6、POEMは1/3まで低下。退院後もバイオ入浴を継続し一層の改善が得られています。
バイオ入浴による自然免疫アジュバンド療法は、アトピー性皮膚炎の発症原因である、乳児期の免疫形成期に多種のバクテリアに接する事がなかった事に起因する免疫不全を是正します。
免疫変換によりアトピー性皮膚炎を改善させる原因療法は、ステロイドやカニューリンインヒビター(プロトピック等)を使用した免疫抑制による対症療法とは大きく異なります。また、治療根拠が明確でない民間療法と違って、少なくとも95%の症例で明確な効果が得られます。
自然免疫が賦活する事により、アトピーのみならず細菌やウイルスに対する感染防御機能や癌を抑制する免疫機能も改善し、より一層健康になります。

 

カテゴリー

アーカイブ

topへ