ブログ

症例:36 30代女性 入院期間:2018年2月~6月

2018.09.11症例ブログ

不安障害と最重症アトピー性皮膚炎を合わせて療養

入院までの経緯

幼少児は皮膚炎なし。中学から高校にかけて手に湿疹が生じ、たまに外用薬を塗布する程度だった。
大学卒業後、就職して3年目に手と胸部に湿疹が生じるようになりステロイド外用したが、改善・悪化を繰り返していた。
入院の1年前にストレスのため職場を退職したが、パニック障害もあり、自宅でもストレスを感じていた。
2017年12月より胸部の湿疹が拡大したが、ステロイドに抵抗感があり市販の保湿剤を使用していた。
しかし、皮疹はさらに拡大し、顔以外の全身に強い痒み・掻破・滲出液・亀裂・落屑・乾燥・発赤が生じて睡眠も取れなくなり体重も7kg減少。不安感も増し、どうしてよいか判らなくなって当院に入院した。

入院後の経過

入院時、TARCは非常に高く最重症クラスでしたが、皮膚炎の本格的な悪化は初めてでステロイド使用歴も余りないため、症状は劇的に改善しました。不安障害がありましたが、当院のカウンセラーのサポートを受け、アトピー性皮膚炎と合わせて心療内科的治療も行いました。
本人の価値観や認知が変わると免疫反応も改善します。
アトピー性皮膚炎では皮膚炎によるコンプレックスから、社会不適応や引きこもりになるケースがしばしば認められます。
当院ではカウンセリングやレクチャーによる心理指導や、瞑想を治療に取り入れて精神面からもケアを行っています。
入院される患者さんの中には、この症例の様に就職や結婚、出産、ストレス、食生活の変化などを契機に、成人後から発症するケースもまれではありません。

カテゴリー

アーカイブ

topへ