ブログ

症例:33 45歳 女性 入院期間 2017年5月~7月

2017.11.12症例ブログ

内服ステロイドまで使用していた症例も、入院治療の効果は明瞭

入院までの経緯

幼少期より、四肢屈曲部にアトピー性皮膚炎が発症し皮膚科に通院。
小・中学校の時期はアセモ程度で安定しており、その後は水仕事の手荒れでステロイドを使う程度だった。
成人し、就職・結婚もしたが、2011年春頃、転職に伴うストレス増加に比例して飲酒量が増加した。
顔、頚部に発赤が生じたために小児用プロトピックを使用するようになったが、効果は次第に低下したため、それまで受診していた医療機関から他院に転院した。プロトピック・ステロイド外用では症状をコントロールできなくなり、1日3錠のセレスタミン(ステロイド)内服もするようになったが、2014年からは効果が低下し特に顔は湿疹が持続していた。
2017年1月に退職し、脱ステロイドを目指してセレスタミンを減量。4月からは外用ステロイド・プロトピックも中止したが、皮膚炎はリバウンドで悪化し5月17日に当院入院。顔・頸部を中心に全身性に強い角化・発赤を伴った皮膚炎が認められた。

検査データの見方はこちらのページをご覧ください。

入院後の経過

内服ステロイドまで使用していた症例ですが、入院治療の効果は明瞭で、TARCは23761という最重症の高値から2ヶ月で1/20近くにまで低下しました。ステロイド内服とプロトピック外用でもコントロールできなかった顔の皮膚炎も改善し退院。
退院後4ヶ月目の外来受診時での検査でも、自宅でのバイオ入浴で良好にコントロールできていることがわかります。
現在アトピー性皮膚炎の治療ガイドラインで示されているステロイドの内服・外用、プロトピック外用といった治療は、本当に役に立ち必要な治療なのか疑わざるを得ない症例です。

カテゴリー

アーカイブ

topへ