治療の現場から

アトピー治療中でも食べられる!ヘルシーお菓子作りと座談会

2020.05.30スタッフブログ

カウンセラー玉田を中心にした入院患者さんの座談会

最近思った事などをみんなで話し合うグループカウンセリングのような時間ですが、みなさんがリラックスして話せるよう、ハーブティーなどを飲みながら進めることが定番です。

当院では、入院患者さんに対して、このような院内での行事ごとや講師を招いてのレクチャー、院外への外出企画を【よろこびワーク】として開催しています。
※玉田やよろこびワークの紹介はこちらのページ心理的ケア・カウンセリング

さて、いつもはゆったりでまったりな座談会ですが、今月はデザート作りをプラス!

メニューは、これまた大定番の豆腐を使ったチョコレートクリームと、フルーツ・ビスケットの盛り合わせです♪
このクリームは過去の患者さんだけでなくスタッフにも大好評のレシピ。

豆腐クリーム作り
チョコレートクリームのように見えますが
チョコや脂肪分の多いクリームは使わず、豆腐に純ココアやオリゴ糖
はちみつで味付けます。

調理中の患者さん
材料の準備は管理栄養士がしてくれましたが
調理は患者さん主体で進みます。

豆腐クリーム
クリームが完成
フードプロセッサーを長めに回すと滑らかなクリームに☆

クリームを盛り付け
盛り付けは各自セルフサービスで♪

フルーツもトッピング
フルーツはパイナップル、キウイ、イチゴを用意

盛り付け例
盛り付け完了!(セサミストリート風 :玉田作)

アトピー治療で入院の患者さんは、食事療法の観点から、入院期間中は当院が提供する献立/食事以外を召し上がることはできでないので、今回のようなデザート作りのイベントは毎回大人気です。

デザート・お菓子も、工夫を凝らせば美味しくヘルシーなものが作れます☆
しかし、どんなにヘルシーなレシピでも食べ過ぎはアトピーの大敵なので、入院生活を通して、食欲(特に甘い物や嗜好品)をコントロールする力も高めて頂きたいと考えています。

ブログ担当の私(中川)も美味しく頂きました!

アーカイブ

topへ