ブログ

アトピー 入院中の食事

2016.03.08スタッフブログ

今日の献立

ナチュラルクリニック21では、アトピー性皮膚炎で入院中の患者さんに対し、過剰な脂質・砂糖・動物性タンパク質等の摂取を控えた食事療法を提供しています。

今日の病院食(昼食)
写真は白米ですが、多くの患者さんは酵素玄米を召し上がっています。

アトピー性皮膚炎は、食生活と症状とが強く結びついている病。
砂糖や動物性脂質、アルコールなどの過剰摂取によって症状を悪化させている方も多いため、入院中に健康的な食生活を取り戻して頂きます。
食事面の指導は、院長の指示のもと専属の管理栄養士が献立を作り、ベテランの調理員が腕をふるっています。
また、管理栄養士が個別に栄養指導を行ったり、料理のレシピをおわけするなど、退院後にも健康的な食生活を維持出来るようにバックアップしています。

中には2~3ヶ月の入院期間で、アトピーの症状が改善するのに加え、見違えるほどスリムになって退院される方もいらっしゃいますよ(^^)

カテゴリー

アーカイブ

topへ