治療の現場から

入院して脱ステ治療した患者さんの生の声「感想ノート」公開します!⑫

2023.07.20スタッフブログ

退院なさるアトピー患者さんが書き込んで下さった感想ノートの一部を公開します!

患者さんの入院までの背景や治療中の発見、気づきなどが書かれたこの感想ノートの内容が治療中の患者さんの参考になることも多いため、プライバシーに配慮して書き起こして院内でファイリングしています。

 

I・Yさん 20代 男性 愛媛県 2023年入院

僕は生まれつきアトピーで幼児期は通院していましたが、小学生くらいから症状は落ち着き、足や腕の関節には少し症状が出ていましたが、特に病院にかかることはなく24歳まで過ごせていました。

しかしその頃、仕事のストレスや将来の不安、暴食などによってアトピーが悪化しました。

まず地元のクリニックや病院にかかり薬を処方されましたが、それが自分にはあまり効果はなく逆に拒否反応で蕁麻疹が出たため、それを当時通院していた病院に伝えたらすごく嫌な顔をされ、「それでもそのまま使用してください」と言われたので通院をやめました。

薬局の薬で騙し騙し生活をしていましたが、親の勧めで地元の県で大きい病院に通院しました。
しかし、そこでかなり強いステロイドを処方され、薬に関して無知だった自分はどういう薬かも知らずに使用し、後になって副作用などを知って脱ステロイドをしました。

ステロイドを使用していた期間は3ヶ月ほどだったのでリバウンドはあまりしませんでしたが、また薬局の薬を使用する生活に戻りました。

次に漢方薬局の民間療法を試しましたが、これが自分には合わなかったのか過去最大に悪化しました。
体中傷だらけ血まみれになり、痛みで関節が曲がらず、着替えを家族に手伝ってもらわないとできない状態にまでなっていました。
そんな時にネットでナチュラルクリニック21を知り、藁にもすがる思いで電話をして1週間後に入院しました。

困ったことや相談ごとなどもスタッフの皆さんが親身になって相談に乗ってくれました。また、同じ時期に入院してた患者さんにも優しく声をかけてもらいました。

愛媛からの入院でかなり不安でしたが、ナチュラルクリニック21に来て本当によかったです。ありがとうございました。

 

H・Tさん 40代 男性 静岡県 2023年入院

生まれつきのアトピーで、中学生以降は全身から汁が吹き出たことも一度や二度ではなかった。

二十歳頃まではステロイドを使用した従来の療法にかかっていた。しかし、白内障を併発し、このままでは薬に蝕まれると感じ、漢方療法に切り替え。ただし リバウンドの程度も、期間も長く、これも相当つらかった。

その後 症状はあったものの、なんとか日常生活を送ることはできる状態が続いていた。しかしながら40歳を過ぎた頃から、生活に支障が出るくらいまでに症状が悪化。

それまで受診していた漢方療法を行うも、全く効果なし。たまりかねて別の強酸性水の民間療法を試すも、こちらも全く効果が見られなかった。

そんな時に偶然と言うか必然でナチュラルクリニック21を知ることになった。
病院を知ってから入院するまでは、病院の方々が段取りよく準備してくださったおかげで1週間もかからなかった。

ラッキーなことに大きなプロジェクトを完了させた後だったので、会社も入院することに快諾してくれたことはありがたかった。

しかし 入院する際には不安しかなかった。これまでアトピーで苦しんだ経験が一度は2度でなかったこと。漢方や強酸性水などといった民間療法を試してきたものの、効果を実感できなかったからだ。

ただ4年近くもの間、深い傷で眠れない状態が続き、文字通りフラフラの状態であったので、ナチュラルクリニック21以外に選択する余裕はなく、賭けてみるしかなかった

久保先生、看護師さんをはじめとするスタッフの皆様、その他間接的に支えてくださった皆様に感謝しています。

また、入院生活において同じ試練を共有することができた皆様からも、力をいただくことができました。
バイオ入浴を通じて多くの方が回復されることを願っております。

topへ