治療の現場から

感想ノートを公開します!③

2021.05.07スタッフブログ

患者さんが退院時に感想ノートに書き込んで下さった内容を一部公開します!

今回掲載するのは、2018年~2020年の間に退院なさった患者さんです。

ぎっしりと書き込まれた感想ノート

※医療機関は、治療効果や症状の経過についての患者さんの感想はサイトに掲載出来ないため、これらの事項は本文から削除して公開しています。

F.Yさん 女性40代 愛知県 2018年入院

幼少期から四肢屈曲部に発症。15歳頃から全身に広がりました。その間、ステロイドを断続的に使用していました。
15年ほど前に脱ステし、完解までとはいかずとも騙し騙し生活はできていました。

毎年春になると悪化し、夏が終わる頃に少しずつ落ち着くという状態を繰り返していましたが、ここ数年は悪い状態の時期が増えてきていました。

2018年の春は特にひどく、全身から滲出液が出て赤く腫れ上がった状態でした。
夜は眠れず、朝はベッドから這い出て仕事に出かけるための準備を毎日2時間以上かけて泣きながら行い、帰宅後や休日はほとんど動けない状態でした。

食事もあまり摂ることができず、食べるためにもエネルギーが必要だということを初めて知りました。
4月、5月と悪い状態が続いて限界を感じ、6月に初診を受けました。

ナチュラルクリニック21のことはHPで知ったのですが、当時は症例を見るのがあまりに辛く、まともに下調べもせず受診しました。

初診の際に、入院治療には3ヶ月程度かかると知り、仕事の都合上、一旦は諦めたのですが、上司からまさかの勧めを頂き、周りからの温かいサポートのおかげで入院することができました。

実際の入院は初診から1ヶ月後となったのですが、入院することを決めただけで、安心感からか症状が落ち着きはじめ、心と体の相互作用の強さを改めて感じました。

入院中も、食事、カウンセリング、ウォーキング、ヨガ、瞑想、勉強会、おしゃべり、笑い、読書、マインドフルネス、感謝、睡眠などすべてがつながっていると感じました。

今まで自分の心の小さな庭を荒らさないように柵の中を守ってきたけれど、ここで楽しい種をたくさん頂いたので、少しずつ敷地を広げて耕して、大切に楽しく育てていきたいです。

NC21の皆様の仕事を越えた愛情のおかげです。本当にありがとうございます。
一緒に入院生活を過ごした皆様のおかげで入院生活はとても楽しく、色々と助けてもらいました。
今苦しんでいる多くの方達に救いが訪れますように。

 

T.Yさん 30代 女性 三重県 2020年入院

幼い時から軽度のアトピーがあり、10年ほど前に自己流で脱ステをしました。本当につらかったのを覚えています。

そこから改善してアトピーを忘れて生活していましたが、離婚と転職をきっかけに肌荒れがひどくなり、ステロイドを使用し始めました。薬が効かなくなっていくのを感じつつ、睡眠不足や暴飲暴食も重なり、一気に悪化して入院になりました。

ここでの生活は、患者さん同士で健康に関することを共有したり、皆でお芋を掘ったり、ドッジボールをしたり、お散歩へ出かけしたりと、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

「入院中に誕生日を迎えるなんて、なんて誕生日だ!」と思っていましたが、患者さん皆にお祝いしていただいて、病院で迎える誕生日も素敵だなと思いました。ありがとうございました。

ここで学ばせていただいたことは、日々に感謝するということ。毎朝太陽が昇ること。空が青く自然と共に生きていること。
ここに来るまでは、それらが当たり前だと勘違いしていた人間でした。

睡眠も取れず悪化していく中、不安な毎日を過ごしている入院前でしたが、院長先生には自然に愛を持って接するということの大切さなどを学ばせてもらいました。ナチュラルクリニックのスタッフの皆様に感謝しています。
そして仲良くしてくださった患者さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

I.Eさん 40代 女性 福島県 2020年入院

2ヶ月間大変お世話になりました。
引っ越しを期に突然湿疹が出始め、あっという間に広がって途方に暮れていたところ、インターネットでナチュラルクリニック21のことを知り、受診させていただきました。

受診前にいくつか病院を回りましたが、どの病院も悪化した状況や現状、患部の状態を把握していただくことはなく、ただステロイド等を処方されるだけだったので、ナチュラルクリニック21で詳しい血液検査や状況の聞き取り、免疫やカビの説明をしていただいたときはとても感動し、安心したのを覚えています。

入院後はバイオ風呂、食事療法、瞑想、患者さんや看護師さんとの会話からたくさんのことを学び、自分自身の心や身体生活を見直すとても良い時間になりました。

アレルギーが突然勃発しすっかり落ち込んでいましたが、久保先生や一緒に入院生活を過ごした患者さんたち、看護師さん栄養士さん調理員さんなどにお会いし、様々なことを学ぶことができ、災いが転じてとてもラッキーでした。本当にありがとうございました。

 

Hさん 30代女性 富山県 2018年入院

乳児期から湿疹があり、長年にわたってステロイドを使用していましたが、高校3年で脱ステに成功。

30歳を過ぎ再発を繰り返すようにはなりましたが、なるべくステロイドを避けてこられていました。
入院のおよそ1年半前に結婚、引っ越し、転職を機に悪化して、体中に湿疹がでてしまいました。

独自の健康法や散歩などを続け、少しは改善されましたが、首の症状だけは一向に良くならず、滲出液が常に流れている状態でした。

ステロイドへの恐怖心からこれまで皮膚科を避けてきましたが、周囲の方々の心配の声や、何より自分の心が折れてしまって、病院へ行き強めのステロイドを首に塗布しました。
たった1日で効果はでましたが、1ヶ月でまた元通り。やっぱりか・・・という思いでした。

そのうちに仕事にも行けなくなり、何かしなければ、このまま放置しても良くはならないと思い、NC21への入院を決めました。

入院生活は私にとっては快適で、食事も美味しいし、先生やナースさんたちは皆優しいし、入院患者さんたちも良い人ばかりで、もうすぐ退院となった今ではこの場所を離れるのが少し寂しい気持ちにもなっています。

2ヶ月間お世話になりました。長いようで短かった。。。この短期間で沢山のことを学ばせてもらいました。
今後は実生活での実践が始まります。

不安な気持ちも正直あります。でもきっと大丈夫です。ここに来た時の私と今の私は全然違うから。
NC21で出逢った皆様、本当にありがとうございます。
また診察に訪れますので、今後もよろしくお願いします。

※転載は以上です。

ノート

ノートの中には、感想の他にも当院への要望やご意見なども書いて下さっていますので、内容を職員間で共有するようにしています。

topへ