ブログ

腫れていた手のひら 「ステロイドを使いたくない」という本人希望が実現!入院期間: 2016 年6月 ~8月:症例30

2016.10.30症例ブログ

30代女性

入院までの経緯

25歳、出産後から全身性にアトピー性皮膚炎が生じるようになり、ステロイド外用にてコントロールしていた。
36歳になり自身で脱ステロイドを試みたが、炎症の悪化に耐えられず2週間で挫折。その後、顔はマイルドタイプ、体部はベリーストロングタイプのステロイド外用を毎日使用していた。

37歳で化粧品カブレから生じた顔の発赤・腫脹が改善しなくなり、ステロイド外用・内服にても赤みが改善できなくなったためプロトピックを使用したが、翌日から単純ヘルペス感染(カポジ)が生じ中止。
毎日全身にステロイド外用を継続したが、顔の赤みは改善せず、頭皮から滲出液が出始めたため不安になり、大阪の脱ステ病院に入院。

大阪での2ヶ月間の入院治療である程度改善して退院し、近医の脱ステロイド皮膚科に通院していたが、手荒れをきっかけに退院後1ヶ月で元の状態に悪化した。その後も3ヶ月間通院し自宅療養を行ったが、顔を含めた全身性のアトピー性皮膚炎が改善しないまま持続。改善の見通しが立たず他の治療を模索する中、インターネットで当院を知り入院となった。

検査データの見方はこちらのページをご覧ください。

入院後の経過

患者さん自身に「ステロイドを使用せず、自然療法で全身性の重症アトピー性皮膚炎をコントロールしたい」という強い希望があり、育ちざかりの3人の子どもさんいるため、家族のサポートを受けての入院でした。
入院時は顔を含めた全身の紅斑、強い落屑(皮膚の角化剥離)、掻破(掻き傷)と強度の掻痒(かゆみ)があり、手指が腫脹して指輪がくい込み取り外せない程の状態でした。
症状が強く、抗アレルギー剤併用を行いながらバイオ入浴もスタート。改善はゆっくりでしたが、炎症は確実に低下しました。
本来なら3ヶ月程度の入院期間が必要なケースですが、育児のためなるべく早く退院したいという希望があり、入院から約2ヶ月間でTARCが1/3まで低下したことが確認できた時点で退院し、自宅もバイオ入浴を継続することとなりました。
退院後、約3ヶ月経過後の外来受診時には、アトピー性皮膚炎は劇的に改善して乾燥肌のみとなっていました。各炎症マーカーはもう少しで正常値です。
バイオ入浴による本来の自然免疫の賦活は、アレルギー免疫のアジュバンドセラピー(免疫変換療法)として明確に機能しています。
入院で重症状態を脱したあとは自宅で継続し、自然免疫刺激を継続する事によって免疫はより一層本来の状態に近づきます。症状が安定すると、次第に入浴時間は少なくても健康な肌を維持できるようになってきます。

カテゴリー

アーカイブ

topへ